≪整心科学研究所(埼玉県上尾市)≫

自己治癒力により心身を整えていく。量子力学・宇宙物理学・脳科学の観点から精神を捉えた新しい科学に基づいた療法を研究、実践中です。
CALENDAR
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
PR
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | ↑PAGE TOP
    446) 3月度関西出張のお知らせ
    0

       

      整心療法研究所(埼玉県上尾市・大阪市・和歌山市)のブログへようこそ。
      従来型の精神分析(無意識を意識化する)を凌駕し、新しい視点から人間の精神にアプローチする方法を研究・実践中です。

       

      今日は≪3月度関西出張のお知らせ≫について書きます。

       

      * 7日(火)〜9日(木) 大阪市・和歌山市

      面談・精神分析活用講座・≪鏡の段階講座≫他

      フリートーク(テーマ「生活の顔」と「人生の顔」

      * 6日(月)・10日(金) 埼玉県大宮市

       

      詳しくは、シニィアン研究所のHP http://signifiant-lab.com/ 
      Twitter https://twitter.com/rakuhomanamiを参照、連絡ください。

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      ≪気づいていないから症状を出す≫


      自分が何を言いたいのか解らないから、症状として表現している。
      その症状の意味に自ら気づいたとき、症状は結果的に消える。
      なぜなら、症状が気付きという言葉に置き換わったから。
      不言実行の人は言葉で言う代わりに行動で表現している。
      病気やけがは自らの身体を使っての表現。

      人はその環境の中で一番表現しやすい方法を選択している。
      環境が変われば表現方法も変わる可能性がある。
      その表現に振り回されず、みること。
      そうすれば症状の意味がみえてくる。

      自ら気づくことが大事。
      その気づきを、気づかないうちに自ら気づくように、そっと一滴を作用させるのが整心療法家。 

      | お知らせ | 11:58 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
      441)名称変更のお知らせ
      0

        整心療法研究所(埼玉県上尾市・大阪市・和歌山市)のブログへようこそ。
        従来型の精神分析(無意識を意識化する)を凌駕し、新しい視点から人間の精神にアプローチする方法を研究中です。

         

        それに伴い、ブログの名称を「シニフィアン研究所」から『整心科学研究所』に変更することにしました。
        その詳しい内容に関してはまだ研究中であるなどの理由により、ここでは明記しないこととします。

         

        これからは、その視点から気づいたことを可能な限り簡潔に書くことを心がけます。
        なお、Twitterも併せてフォローしていただくとブログとの関連性がより解りやすいかと思います。
        また、HPも新たに作成中ですが、それまでは従来のHPを参照ください。
         
        Twitterは https://twitter.com/rakuhomanami 
        HPは  http://signifiant-lab.com/   です。

         

        | お知らせ | 14:09 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
        440) 12月度関西出張のお知らせ
        0

           

          シニフィアン研究所(埼玉県上尾市&和歌山県和歌山市)の整心療法家、楽歩愛真です。
          なぜ、どうしてとの疑問を持ち、納得のできる答えを知り、実践したいと考えている人にとって、整心療法という対話療法は有効な方法です。

           

          今日は「12月度関西出張のお知らせ」 について書きます。

           

          * 6日(火)〜8日(木) 大阪市・和歌山市

          面談・精神分析活用講座・≪鏡の段階講座≫他

          フリートーク(テーマ「ひと区切り」

          * 5日(月)・9日(金) 埼玉県大宮市

           

          詳しくは、シニィアン研究所のHP http://signifiant-lab.com/ 
          Twitter https://twitter.com/rakuhomanamiを参照、連絡ください。

           

          =========================================

           

          ≪自らの心が整っていく=整心療法≫

           

          ただ雑談をしているだけなのに、気づいたら何となく調子がよくなっている。
          気にならなくなっている。調子が良くなっている。
          そんなことが知らないうちに起きている。
          これらの状態になることを『心が整う』と呼ぶ。
          それは、意識の隙間を通り抜けて無意識と呼ばれるものに作用する。
          本人が気づかない形で作用を及ぼしている。
          喩えるなら、サブリミナル効果のようなもの。
          雑談時には何の変化も感じない。
          その作用は徐々に進行し、後に本人にも自覚できるものとなる。
          ただ、その自覚の仕方にも特徴がある。
          自らが思いついた、考えたという形での自覚。
          そのような療法を『整心療法』と命名した。
          作用を与える側には緻密な準備とトレーニングが必要なことはいうまでもない。

          | お知らせ | 13:38 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
          439)11月度関西出張のお知らせ
          0

            シニフィアン研究所(埼玉県上尾市&和歌山県和歌山市)の整心療法家、楽歩愛真です。
            なぜ、どうしてとの疑問を持ち、納得のできる答えを知り、実践したいと考えている人にとって、整心療法という対話療法は有効な方法です。

             

            今日は「11月度関西出張のお知らせ」 について書きます。 

            * 8日(火)〜10日(木) 大阪市・和歌山市

            面談・精神分析活用講座・≪鏡の段階講座≫他

            フリートーク(テーマ「『知る』喜びと『ワカラナイ』不安」

            * 7日(月)・11日(金) 埼玉県大宮市

             

            詳しくは、シニィアン研究所のHP http://signifiant-lab.com/ 
            Twitter https://twitter.com/rakuhomanamiを参照、連絡ください。

            =========================================

            ≪野原でセラピープロジェクト≫

            従来型の精神分析に疑問を持ち、精神分析をも包括した新しい観点からの療法に出会いました。
            クライアントと時空を共有することで、クライアントの心身が自ずと整っていく。
            その療法を活用するために新しく『野原でセラピープロジェクト』を立ち上げ、その療法を活用する人を『整心療法家』と命名しました。
            まだ、スタートしたばかりですので、詳細は追ってtwitterやHPにて掲載する予定です。 
             

            | お知らせ | 12:13 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
            438) 9月度関西出張のお知らせ
            0

               

              シニフィアン研究所(埼玉県上尾市&和歌山県和歌山市)の楽歩愛真です。
              なぜ、どうしてとの疑問を持ち、納得のできる答えを知りたいと考えている人にとって、精神分析という対話療法は有効な方法です。

               

              今日は、「9月度関西出張のお知らせ」 について書きます。 

              * 6日(火)〜8日(木) 大阪市・和歌山市

              面談・精神分析活用講座・≪人間講座−象徴界に生まれる≫他

              フリートーク(テーマ「自分を好きでいる」

              * 5日(月)・9日(金) 埼玉県大宮市

               

              詳しくは、シニィアン研究所のHP http://signifiant-lab.com/ 
              Twitter https://twitter.com/rakuhomanamiを参照、連絡ください。

              =========================================

              ≪ただ何となく良くなってる気がする≫

              「言葉で説明できないけど、何となく良くなってる気がする」
              時折、こんな語らいを耳にする。
              そんな時、少しホッとする。
              刺激が強いとき、人はそれに圧倒される。
              するとそれに対する反応も大きくなる。
              逆に刺激が弱いとあまり気にしない。
              そんな刺激が重なると、緩やかに浸透しやすい。
              そして、気がつかないうちに取り込んでしまっている。
              そんな時、何となく違う気がする、良くなってる気がすると表現する。

              | お知らせ | 17:37 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
              436) 8月度関西出張のお知らせ
              0

                シニフィアン研究所(埼玉県上尾市&和歌山県和歌山市)の楽歩愛真です。
                なぜ、どうしてとの疑問を持ち、納得のできる答えを知りたいと考えている人にとって、精神分析という対話療法は有効な方法です。  

                今日は、「8月度関西出張のお知らせ」 について書きます。

                 

                * 2日(火)〜4日(木) 大阪市・和歌山市

                面談・精神分析活用講座・≪人間講座−象徴界に生まれる≫他

                 

                フリートーク(テーマは「前向きに行動する」

                 

                * 1日(月)・5日(金) 埼玉県大宮市

                 

                詳しくは、シニィアン研究所のHP http://signifiant-lab.com/ 
                Twitter https://twitter.com/rakuhomanamiを参照、連絡ください。

                 

                =========================================

                 

                ≪便乗する前に≫

                 

                様々な出来事に遭遇する時、人はそれぞれの立場や価値観から意見を持ち時には発信する。
                自己主張や言論の自由の観点から、是非は問わないし問われない。
                ただ、まことしやかな観点とされる意見に同調し、増幅する場合がある。
                それが多数になる時、それが思いもかけない大きな力となる可能性がある。
                そのことにどれだけの人が気づき、自らに問いかけているかと考えてみる。
                それも一つの考え、これもそう、あれもそう。
                一つの事柄も、見る方向が変われば見え方も変わることを忘れないでいたい。

                 

                | お知らせ | 19:10 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
                435) 7月度関西出張のお知らせ
                0

                  シニフィアン研究所(埼玉県上尾市&和歌山県和歌山市)の楽歩愛真です。
                  なぜ、どうしてとの疑問を持ち、納得のできる答えを知りたいと考えている人にとって、精神分析という対話療法は有効な方法です。

                  今日は、「7月度関西出張のお知らせ」 について書きます。 

                  * 5日(火)〜10日(日) 大阪市・和歌山市

                  面談・精神分析活用講座・≪人間講座−象徴界に生まれる≫他

                  フリートーク(テーマは「差異の認識」

                  * 4日(月)・11日(金)埼玉県大宮市

                  詳しくは、シニィアン研究所のHP http://signifiant-lab.com/ 
                  Twitter https://twitter.com/rakuhomanamiを参照、連絡ください。

                  =========================================

                  ≪言葉の前に+もしくは−の符号が付いている≫

                  言葉そのものには、その前に+(良い)もしくは−(悪い)の符号は付いていません。
                  私たちは日々それらの言葉を使って意思伝達をしています。
                  ところが、その意味内容によって気づかないうちに+(良い)もしくは−(悪い)の符号を付けてしまっている。
                  その意味によって意思表示や伝達をしているつもりが、+か−の符号で判断してしまっている。

                  そして、他者に対してだけでなく、自分をも+か−の符号で判断している。
                  それによって、時には自責の念に捉われたり他者批判したりする。
                  それも自らそのことに気づかないまま。

                  そこから苦悩や争いも生じてくるのではないでしょうか。 
                  +、−の是非ではなく、自ら意識しないうちにそれらの符号を付けて(付けられて)しまっていることに気づくことが大切だと考えます。

                  気付いたなら、不必要な自責や他責は激減し、新たな何かが見えてくるのではないでしょうか。 

                   

                  | お知らせ | 18:58 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
                  433) 5月度関西出張のお知らせ
                  0
                     

                    シニフィアン研究所(埼玉県上尾市&和歌山県和歌山市)の楽歩愛真です。
                    なぜ、どうしてとの疑問を持ち、納得のできる答えを知りたいと考えている人にとって、精神分析という対話療法は有効な方法です。

                    今日は、「5月度関西出張のお知らせ」 について書きます。 

                    *10日(火)〜12日(木) 大阪市・和歌山市

                    面談・精神分析活用講座・≪人間講座−象徴界に生まれる≫他

                    フリートーク(テーマは「愛は二人の外部にある」

                    *9日(月)・13日(金)埼玉県大宮市

                    詳しくは、シニィアン研究所のHP http://signifiant-lab.com/ 
                    Twitter https://twitter.com/rakuhomanamiを参照、連絡ください。

                    =======================================================

                    ☆ 人は皆、自己治癒力を持っている

                    身体においても自己治癒力とかホメオスタシスがあるといわれるように、心にも自己治癒力とでもよべるものが備わっていると考えられる。
                    日々、クライアントとの語らいの中で、時としてそのような事象に出くわす。
                    分析家はそのためのタイミングと適切な表現を心得ていれば十分だと思う。
                    それは、スキー板で雪面を滑り降りる時のストックの操作にも似ている。
                    自らの裡に備わっている力を引き出す、あるいは刺激するといっていいかもしれない。
                    『クライアントが自らを治癒する』 
                    このように言っても過言ではないように考えている。 

                    | お知らせ | 15:14 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
                    431) 4月度関西出張のお知らせ
                    0

                      シニフィアン研究所(埼玉県上尾市&和歌山県和歌山市)の楽歩愛真です。
                      なぜ、どうしてとの疑問を持ち、納得のできる答えを知りたいと考えている人にとって、精神分析という対話療法は有効な方法です。

                      今日は、「4月度関西出張のお知らせ」 について書きます。 

                      *5日(火)〜7日(木) 大阪市・和歌山市

                      面談・インテグレーター養成講座・≪人間講座−象徴界に生まれる≫

                      フリートーク(テーマは「幸福感〜無知と貧困」

                      *4日(月)・8日(金)埼玉県大宮市

                      詳しくは、シニィアン研究所のHP http://signifiant-lab.com/ 
                      Twitter https://twitter.com/rakuhomanamiを参照、連絡ください。

                      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                      ☆ ボチボチとマイペース

                      関西のある地域では、慌てず自分のペースで物事に取り組むことを『ボチボチやる』といいます。
                      よく例として挙げられるのは「儲かりまっか?「まあボチボチでんな」という会話でしょうか。
                      他にも「まあ慌てんとボチボチやんなはれ」などなど。

                      「ボチボチやる」ことと「マイペース」は とても大切なことだと考えています。
                      周りに合わせることに必死で、自分のペースが解らなくなってしまい立ち止まってしまった人。
                      マイペースが最初から学習できなかったのではないかと考えられるケースもあります。
                      常に誰かのペースに合わせることばかりを求められ、それを自分のペースだと錯覚している。
                      そのまま進めている間は問題はありません。
                      ただ、何かがきっかけとなって疑問を持ち始めた時、人は戸惑い、立ち止まってしまうようです。

                      そんな時、『今はこれでいい、ボチボチやりましょう』と言うことにしています。
                      マイペースが解らなくなっているのですから、立ち止まった状況を今は良しとする。
                      そして慌てず自分にとってのマイペースとは何なのかをじっくり考えながら探していきましょう。
                      そう言います。

                      《慌てずボチボチとマイペースとやらを探しませんか。》 

                      | お知らせ | 15:18 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
                      430) 3月度関西出張のお知らせ
                      0

                        シニフィアン研究所(埼玉県上尾市&和歌山県和歌山市)の楽歩愛真です。
                        なぜ、どうしてとの疑問を持ち、納得のできる答えを知りたいと考えている人にとって、精神分析という対話療法は有効な方法です。

                        今日は、「3月度関西出張のお知らせ」 について書きます。
                         

                         ≪関西出張のお知らせ≫

                        *1日(火)〜3日(木) 大阪市・和歌山市

                        面談・インテグレーター養成講座・≪人間講座−象徴界に生まれる≫

                        フリートーク(テーマは「タッチハンガー」

                        *29日(月)・4日(金)埼玉県大宮市

                        詳しくは、シニィ4アン研究所のHP http://signifiant-lab.com/  
                        Twitter https://twitter.com/rakuhomanami、を参照、連絡ください。

                        | お知らせ | 12:36 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP