≪整心科学研究所(埼玉県上尾市)≫

自己治癒力により心身を整えていく。量子力学・宇宙物理学・脳科学の観点から精神を捉えた新しい科学に基づいた療法を研究、実践中です。
CALENDAR
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
PR
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< テレポーテーションともう一人の私 | main | 178)不平不満は受身の気持ちから >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | ↑PAGE TOP
    177)無気力からの脱出
    0
       
      無気力
      これは気力がないこと。
      積極的に物事をしようとする意欲に欠けること。
      辞書にはこのように書いてある

      怠けているわけじゃない
      やる気が出ないのだ
      『可もなく、不可もなく、とり立てて大きな不満もないが、
       すごく楽しくてたまらないという満足もない』
      なぜ、やる気が出ないのだろう?

      以前にも書いた気がするが
      これは
      【誰かから強く求められた体験がない】
      「あなたが居ないとダメだ」
      「あなたでないと他に誰も居ない」
      「あなただけ!」
      このように、誰かから切望されたことがない

      切望され、欲望されたとき
      人はやる気が湧いてくる

      人から聞いたことがある
      引きこもりになってゲーム三昧の日々だった人が
      大震災の被害状況をテレビで見て、
      ボランティアとして参加したという
      最初は、
      何らかの強い意志を持っていたわけじゃない
      ただ、「何かできるかもしれない」
      それくらいの気持ちだったらしい
      引きこもっていたこともあり
      体力的にも大きな何かをしたわけでもないのに
      ある時
      こんな自分でも必要とされている
      そのように感じたという

      それから自分の中で、何かが変わった
      自分は必要とされている=存在する意味がある=生きる意味がある

      それ以後、その人がどのようになったかは、想像に難くない
      誰かに必要とされる事によって
      そこに自分の生きる意味を見出したのだ
      無気力で引きこもり
      無意味しか見出せなかった日々が
      一転して気力溢れ
      気力は行動を生み出し
      その人を根底から変えた

      必要とされる=欲望されることによって
      まさしくその人は
      自分の人生を書き換えたのだ

      無気力なのは、怠けているのではない
      必要とされた、欲望された体験がないのだ
      だから気力が湧いてこないのだ
      強く欲望されること
      強く必要とされること
      それが
      無気力から脱する方法である

      生きる意味を見出したい方
      やる気を出したい方

      シニフィアン研究所のHPも参照ください
      http://signifiant-lab.com/
      摂食障害・リストカットのHPもあります
      | 不登校・引きこもり | 12:14 | comments(2) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
      スポンサーサイト
      0
        | - | 12:14 | - | - | ↑PAGE TOP
        コメント
        etizenryoumaさんへ
        ようこそ!
        コメントありがとうございます。
        必要とされ、必要とする、この相互交流こそが生きる意味へと繋がってゆくように思います。
        | むかいあい | 2012/05/04 12:34 PM |
        そうですね。誰でも、自分が必要されることが望ましいですね。それこそ、自分の存在に意味があるを証明できます。
        | etizenryouma | 2012/05/04 12:23 PM |
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://signifiant1.jugem.jp/trackback/185
        トラックバック