≪整心科学研究所(埼玉県上尾市)≫

自己治癒力により心身を整えていく。量子力学・宇宙物理学・脳科学の観点から精神を捉えた新しい科学に基づいた療法を研究、実践中です。
CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
PR
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 177)無気力からの脱出 | main | 199)今日から関西へ出張します >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | ↑PAGE TOP
    178)不平不満は受身の気持ちから
    0
       
      不平不満の気持ちはどこからやってくるのか?
      それは
      相手に求める気持ちがあるから
      相手に「こうして欲しい」「ああして欲しい」
      と求める気持ちがあるから
      それに反して
      自分の思っているようには返ってこない場合
      心の底からムクムクと顔を持ち上げてくる
      そして
      怒りや不平不満となってこみ上げてくるのだ

      「私がこんなにしているのに、何であなたは○○してくれないの!」
      「私がどんなにアナタのことを思っているか分からないの!」などなど

      自分が相手のことを思っているのに
      相手はソレに対して何も答えてくれない、してくれない
      分かってくれない、動いてくれない、与えてくくれない・・・・・

      これらの根底には
      「〜ねばならない」
      「〜すべき」
      が潜んでいる

      私はしたいからしている。言いたいから言っている。
      それに対して、
      あなたがどのように思うか、するかはあなたが決めることだ。
      私は私、あなたはあなた。
      違っていて当たり前


      このような観点を持っていれば
      「あなたと私の考えが違う」
      ということになり、不平不満や怒りは湧いてこないだろう

      人は言葉を発するとき
      相手に対して
      「このようにしてもらいたい
      「このように思ってもらいたい」と期待している
      もらうのが当たり前になってしまっているのではないだろうか?
      してもらうのが当たり前
      そのような受身の気持ちがある
      だから
      その通りにしてもらえなかった時
      自分の期待が裏切られたように感じて
      自己愛が傷ついたかのように感じてしまう
      だから
      怒り、恨み、妬みなどへと広がってゆく

      自分勝手な受身の気持ちが
      自分の心をいらだたせ
      自分の心を傷つけ
      相手のせいにしてしまう
      実は
      不平不満は自分の受身の心から出たものだ
      と言えるだろう

      シニフィアン研究所のHPも参照ください
      http://signifiant-lab.com/
      子育て法もあります
      | 生き方 | 10:13 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
      スポンサーサイト
      0
        | - | 10:13 | - | - | ↑PAGE TOP
        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://signifiant1.jugem.jp/trackback/186
        トラックバック