≪整心科学研究所(埼玉県上尾市)≫

自己治癒力により心身を整えていく。量子力学・宇宙物理学・脳科学の観点から精神を捉えた新しい科学に基づいた療法を研究、実践中です。
CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
PR
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 245)女性のエネルギー | main | 247)コミュニケーション障害 >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | ↑PAGE TOP
    246)新しいカテゴリー「宛名のない手紙」
    0
      シニフィアン研究所(埼玉県上尾市&和歌山市)の迎意 愛(むかい あい)です。
      精神分析という対話療法で心身の悩み相談をしています。
                 
      今日は、新しいカテゴリー「宛名のない手紙の紹介をしたいと思います。
                     

      ネット
      社会になった現在、「手紙」は一部の伝達手段になってしまいました。
      そんな中で、あえて「宛名のない手紙」というカテゴリーを追加しました。
      このカテゴリーでは、
      私個人の体験を基に、
      現在見聞きするニュースを通して
      さまざまな人間の心模様と、
      その叫びとでもいえる赤裸々な生の声を書いてみたいと思います。

      思春期には、様々な葛藤、悩み、苦しみを誰にも言えずに胸の内に仕舞い込んでいる。
      時には、親友と呼べる誰かに話したりもするけれど、
      深い胸の内は、心に秘めている。
      そんな想いがある閾値に達すると
      外に向かって吐き出さずにはいられなくなってしまう。
      それが、例えば「いじめ」「自殺」「非行」「不登校」「引きこもり」ではないでしょうか。
      今も昔も、大人への階段を上っていく過程で
      その若いエネルギーをどのように発散し、活用するかが問われます。
      そして、一歩間違えればとんでもない問題へと発展していきます。
      そのことは、時代が違っても同じではないでしょうか。

      ≪みんな、悩んで大きくなった≫のです。

      遠い昔、交換日記というものが流行った時代がありました。
      気の合った友だち二人、もしくは数人(異性間でもあった)で
      一冊のノートに自分の想いを書いて交換し合うもの。
      それとは別に、
      自分だけのノートを作り、
      そこに詩やエッセー、小説、思いつきなどをしたためたもの。
      それらは、誰かに読まれるために書かれたものではなく、
      日の目を見ることもなく、大半は忘れ去られる運命にあるものです。
      何かの機会に発見されて、当時を懐かしみ、
      「この頃は、若かったなあ〜」
      と振り返る程度でしょう。

      出すあてのない、自分の赤裸々な想いを綴った手紙のようなもの。
      それでいて、間違いなく自分が一所懸命に生きた証のようなもの。
      そんなノートをひっくるめて「宛名のない手紙」と名づけてみました。

      その性質上、
      私個人の赤裸々な告白となるかもしれません。
      物心ついた時から「これでいいのだろうか?」と問いかけ
      悩み、自分の生きる意味を問いかけ、死に憧れたこともあった。
      遺書まで書いたのに、死ねずにまだしぶとく生きている。
      そして精神分析家(インテグレータ)となった今も生きる意味を問い続けている。
      そして、

      人間になりたい
      人間でありたい
      人間として死にたい

      そんな叫びを聴いている日々です。
      それらを自分の体験に置き換えて伝えたいと思っています。

      ご意見、ご感想はこちらまでお願いします。http://signifiant-lab.com/
      「思春期の悩み」http://signifiant-lab.com/eatingdisorder/
      「不登校の子どもの母より」http://signifiant-lab.com/escape/
      もあわせてご覧下さい。

      | 宛名のない手紙 | 14:35 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
      スポンサーサイト
      0
        | - | 14:35 | - | - | ↑PAGE TOP
        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://signifiant1.jugem.jp/trackback/236
        トラックバック