≪整心科学研究所(埼玉県上尾市)≫

自己治癒力により心身を整えていく。量子力学・宇宙物理学・脳科学の観点から精神を捉えた新しい科学に基づいた療法を研究、実践中です。
CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
PR
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 270)画家ジミー大西=オールOKで育てる | main | 272)茨城・コインロッカー乳児遺体事件 >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | ↑PAGE TOP
    271)剥奪と服従と軟禁―怨念と復讐
    0
      シニフィアン研究所(埼玉県上尾市&和歌山県和歌山市)の迎意 愛(むかい あい)です。
      精神分析という対話療法で心身の悩み相談をしています。
                 
      今日は、「剥奪と服従と軟禁―怨念と復讐」 について書きたいと思います。

      重いタイトルを付けてしまいました。
      それは、
      日々のクライアントとの面談を通し、その叫びの根底に程度の差こそあれ、これらの環境が見えてくるからです。
      そこで、今
      ≪子どもに「怨念と復讐」を抱かせる環境になっていないだろうか?≫
      と問いかけてみたいと思います。。

      「躾け」という名のもとに、あるいは「子どもの将来のため」の名のもとに
      それとは気付かぬうちにしがちなこと。
      1.選択の強制と制限=選択の剥奪
      2.親の言うことを聞く=服従
      3.行動範囲の限定=監禁または軟禁
      が、考えられます。

      これらの延長の先には
      「怨念」と「復讐」が見え隠れしている気がするのです。
      そして、
      いつか必ず仕返しをしてやりたいとの情念が蓄積されている。
      それが外に向かえば、いじめ、虐待、暴力、非行へ、
      内に向かえば、引きこもり、うつ、自傷、自殺へと志向する可能性が考えられます。

      私のエピソードを紹介しましょう。(興味のない方は飛ばしてください)
      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      ・エピソード1―幼稚園に行きたくないと言った時(6歳くらい)
       母は怒りながら、髪の毛を持って引きずり回した。私は片道4キロの道を泣きながら歩いて幼稚園へ行った。
       (後に母曰く、「ここで一度許すと何度も休むようになると思った」。以後、私は大学に入るまで休むことはなかった)

      ・エピソード2―テレビ
       小学校低学年に、テレビを初めて買ったが、勉強しなくなるからと、ヒューズを抜かれてしまって見せてもらえなかった。
       (当時、昭和30年代に各家庭にブラウン管テレビが普及し、ヒューズが付いていた)

      ・エピソード3―習い事
       小学校低学年時代から、母が私のお習字に熱心になり、毎月の雑誌への投稿、競書会、展覧会はもちろんのこと、
       毎日、母が「良し」と言うまで寝させてもらえなかった。(締め切り前は夜中の2時3時)

      ・エピソード4―髪の毛
       髪が長くなると、三つ編みやリボンなどに興味が湧いて、勉強しなくなるとの考えから、
       肩まで伸びる前に、母がハサミで常に私の髪の毛をカットしていた。

      ・エピソード5―洋服
       ヒラヒラの可愛い洋服やピンクや赤色は着せてもらえなかった。
       母の手作りで白と緑色の洋服が多かった。

      ・エピソード6―クラブ禁止
       中学1年生―人数が足りないからと陸上部に駆り出されたが、帰宅が遅くなるからと辞めさされた。
       中学2年生―担任が軟式テニス部を作ったので、内緒で入部した。が、1週間後にバレる。
       疲れて勉強ができなくなるからと、母が勝手に担任に退部を申し入れ、1週間で退部となり、素振りだけで私のテニスは終わった。
       中学3年生―クラブはあきらめた(この頃から、自殺を考えていた)

      ・エピソード7―大学進学
       理学部数学科に進学したくて高校も理数科を選択した。
       にも関わらず母は、書道を選択した方が将来の見通しは明るいと、書道の恩師を巻き込み説得する。
      この頃には、私は抵抗をあきらめ、完全に母に服従していた。
      なぜなら、抵抗することに疲れていたし、金銭的な支援を断ち切られることへの恐れもあったからだと思う。

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      すべてに共通する言葉は
      「お前の将来のためを思って言ってるんだよ。」でした。
      口癖は
      「人に負けるな、いつも一番であれ」
      「人以上になろうと思えば、人以上の努力をしなさい。人と同じことをしていては人並みにしかなれない。」

      これは特別な例でしょうか。
      現在の子どもたちも、
      塾、習い事、スポーツ、進学などあまり違いはないのではないでしょうか?
      親が思い描く理想像を、子どもに押し付けていないでしょうか=それは親の理想像です。
      自分が満たしてもらえなかった事を、子どもに与えようとしていませんか=それはあなたの欲望です。
      子どもに幸せになってもらいたい=それは、あなたが幸せになりたいのではありませんか。
      果たして、子どもさんがそれを欲望しているでしょうか?
      子どもさんに聞いてみたことはありますか?

      親は親であり、子どもは子どもであって親ではありません。
      私は私以外の何者でもなく、子どもは私ではありません。
      私以外は他者であって、私の思う通りにはならないものなのです。
      女性は母になった時から、そのことを忘れてしまうのかもしれませんね。
      母はいつか、子どもに舐められ、踏み台にされ、見捨てられる存在なのでしょう。
      だからこそ、その根底には回帰する心の故郷としての価値を持つとも言えるのかもしれません。

      テーマからずれました。
      子どものために』という言葉の裏側に「剥奪と服従と軟禁」が潜み、
      それが子どもの心に「怨念と復讐」を植え付けている可能性があるかもしれないことを
      考えてみたかったのです。

      シニフィアン研究所では、PTSDの可能性がある方が増えてきました。
      震災などとは違って、一見ありふれたように見える中に、
      苦悩の原因が隠れています。
      それは精神分析(セラピー)という語らいの場で初めて明らかにされるものが大半です。
      もしやと感じられたなら、語ってみませんか?

      シニフィアン研究所のHPを参照くださいhttp://signifiant-lab.com/
      PTSD(トラウマ)のサイトhttp://signifiant-lab.com/trauma/
      私と精神分析のサイトhttp://agency-inc.com/analysis6/
      不登校の子どものの母よりhttp://signifiant-lab.com/escape/

      | 宛名のない手紙 | 13:52 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
      スポンサーサイト
      0
        | - | 13:52 | - | - | ↑PAGE TOP
        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://signifiant1.jugem.jp/trackback/261
        トラックバック