≪整心科学研究所(埼玉県上尾市)≫

自己治癒力により心身を整えていく。量子力学・宇宙物理学・脳科学の観点から精神を捉えた新しい科学に基づいた療法を研究、実践中です。
CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
PR
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 279)恋愛・結婚ができない | main | 281)女性はどうして強くなるのか >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | ↑PAGE TOP
    280)恋愛・結婚(女性の場合)
    0
      シニフィアン研究所(埼玉県上尾市&和歌山県和歌山市)の迎意 愛(むかい あい)です。
      精神分析という対話療法で心身の悩み相談をしています。
                 
      今日は、「恋愛・結婚(女性の場合)」 について書きたいと思います。

      前回は、男性の場合について書きましたので、
      今回は、女性の場合を考えてみたいと思います。

      異性を欲望(愛)するためには、
      まず母が欲望(愛)の対象であるのが前提だと書きました。
      これは男性も女性も同じです。
      では男性と女性ではどこが違うのでしょうか?

      それは母が女性であることによります。
      つまり母は、
      男性にとっては異性ですが、女性にとっては同性です。
      ですから、女性が異性を欲望(愛)するには、
      欲望(愛)の対象を母(同性)から父(異性)へと移行しなけらばならないのです。
      このことが、男性と女性の一番大きな違いです。

      では、欲望(愛)の対象を、母から父へと移行するためにはどうしたらよいか。
      それは、何らかの形で母を見切る必要があります。
      次に、母ではない、女性の位置から父を欲望(愛)の対象とするのです。
      ここからは男性と同じく、父以外の男性へとシフトすると言われています。
      ここに至って、初めて、女性は男性を欲望(愛)することになるのです。
      このように、女性は男性と比べて、余分な回り道をしないと異性へと向かわないのです。
      やっかいですね。

      実際には、このような回り道をして男性を欲望(愛)していないように思われます。
      なぜなら、
      大半の女性は、男性と同じく母を欲望(愛)しているように見受けられます。
      例えば
      *優しい男性
      *甘えさせてくれる男性
      *何でも言うことを聞いてくれる男性
      *いつも傍に居てくれる男性
      *私だけを愛してくれる男性
      これらは、本来母に対して求めていることと同じではないでしょうか。
      男性を欲望(愛)しているようで、
      実は母の代理を求めているのでは?

      女性は、男性に母の代理を求めてはいけないのでしょうか。
      では、男性に何を求めればいいというのでしょう。
      それについては、次の機会にしたいと思います。
      ここでは、女性が男性を欲望(愛)の対象とするには
      非常に困難がつきまとうとうことを考えてみたかったのです。

      難しいと感じられたでしょうか。
      こんなこと考えていたら、恋愛なんでできないと思われたことでしょう。
      それほど、実は男と女はややこしいものかもしれませんね。
      このややこしい「男と女」を一度考えてみませんか。

      興味のある方はこちらまでお問い合わせください。
      シニフィアン研究所http://signifiant-lab.com/
      講座もあります。
      「やさしい精神分析講座」http://signifiant-lab.com/#11
      「インテグレーター養成講座」http://signifiant-lab.com/#13

      | 恋愛・結婚 | 10:04 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
      スポンサーサイト
      0
        | - | 10:04 | - | - | ↑PAGE TOP
        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://signifiant1.jugem.jp/trackback/270
        トラックバック