≪整心科学研究所(埼玉県上尾市)≫

自己治癒力により心身を整えていく。量子力学・宇宙物理学・脳科学の観点から精神を捉えた新しい科学に基づいた療法を研究、実践中です。
CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
PR
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 303)お互いのズレから始まる | main | 305)透明人間−幽霊(ファントム)になる >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | ↑PAGE TOP
    304)家庭内暴力と怒り
    0
      シニフィアン研究所(埼玉県上尾市&和歌山県和歌山市)の迎意 愛(むかい あい)です。

      精神分析という対話療法で心身の悩み相談をしています。
                 
      今日は、「家庭内暴力と怒り について書きたいと思います。

      暴力の背景には一体何があるのでしょうか。
      それは『怒り』 であり、その解決方法は怒りの基をよく聴くことだ』と言いたいと思います。

      青少年の家庭内暴力や、恋人・夫婦間の暴力(DV)の相談を通して観えてくるものがあります。
      それは『怒り』です。
      その内容は様々です。
      ただ共通しているのは
      ≪何で解ってくれないんだ!
      との叫びです。 

      ある男性(DV)が言いました。
      「手を出すのは悪いのは分かっている。しかし、あいつは俺のことを理解しようとしないんだ。だから殴ってしまうんだ。」
      また、ある少年は
      「母さんは、オレに文句を言うことしか知らない。オレの言うことを聞こうとはしないんだ。」
      「オレに正面から向かって来いと言ってるのに、良い親面ばかりしてやがる」
      と、言いました。

      暴力は決して容認できるものではありません。
      まして、その対象が弱者であれば言うまでもありません。
      ただ、暴力を振るってしまう側に目を向けた場合、
      そこには、
      「相手が、オレの言うことを聴こうとしない。」
      「オレの言う通りにしない。」
      などの不満が見えてくるように思います。

      暴力はいけないことだと頭では分かっています。
      しかし、相手に解らせるためには、もはや暴力という方法しかない。
      あるいは、暴力という方法でしか伝わらないと思ってしまっている。
      そんな気がします。

      「話せばわかる」という言葉があります。
      彼らの話を聞いていくと、
      彼らも最初は、相手に対して話して(言って)いるのです。
      「〇〇してほしい」
      「〇〇したい」etc
      ところが、
      無視されたり、否定されたり、説教されたりして自分の思うように相手が動いてくれない、聞いてくれない、
      そのような状況に直面し、最初は我慢しています。
      それらは一度ではなく、何度も繰り返され、幾重にも積み重なり、
      やがて≪怒り≫となって蓄積されていきます

      それらの蓄積した怒りが、ちょっとしたキッカケによって
      一気に爆発するようです。
      『クソッ!またかよ!』
      『そんなこと言ってないだろ!』と我慢してきた怒りが一気に湧き上がってくるのです。
      これが、家庭内暴力やDVと言われるものとなるのです。

      これらに対する方法は、まず『聴くこと』です。
      彼らは、そもそも何を求めているのか?
      何を言いたくて伝わらない、聞いてくれないと思っているのか?
      ここから向き合ってゆくことです。
      これには第三者の介入が必要となるでしょう。

      具体的なことはさておき、ここでは、
      家庭内暴力やDVなど「暴力」の根底には何らかの『怒り』の蓄積があることを書きました。
      その『怒り』が何であるかを知るには、相手の言うことをよく聴くことです。
      精神分析という方法によってその怒りを明らかにすることが可能です。

      聴いているにも関わらず、解らない、聴けない方、興味を持たれた方は
      シニフィアン研究所までお問い合わせください。http://signifiant-lab.com/
      勉強会、講座もあります。 http://signifiant-lab.com/#10 http://signifiant-lab.com/#11


      | 非行・家庭内暴力・DV | 15:24 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
      スポンサーサイト
      0
        | - | 15:24 | - | - | ↑PAGE TOP
        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://signifiant1.jugem.jp/trackback/295
        トラックバック