≪整心科学研究所(埼玉県上尾市)≫

自己治癒力により心身を整えていく。量子力学・宇宙物理学・脳科学の観点から精神を捉えた新しい科学に基づいた療法を研究、実践中です。
CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
PR
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 305)透明人間−幽霊(ファントム)になる | main | 307)認められて自信が持てる >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | ↑PAGE TOP
    306)虐待と無視
    0
      シニフィアン研究所(埼玉県上尾市&和歌山県和歌山市)の迎意 愛(むかい あい)です。
      精神分析という対話療法で心身の悩み相談をしています。
                 
      今日は、「虐待と無視 について書きたいと思います。

      虐待されるのが分かっているのに、結局舞い戻ってしまう人がいます。
      周囲の人は、『どうして?』と理解に苦しむことでしょう。
      それは
      その人にとって、自分が間違いなく存在し、生きていることの証となっているからはないでしょうか

      『虐待は嫌だけど、少なくとも虐待されている間は自分が生きている実感がある』
      『私は彼に、(虐待する対象として)必要とされている』
      このように語った人がいました。

      何よりも『無視される』ことを恐れているかのようです。
      それほど、無視されることは、人にとって辛いことなのです。
      (これについては、以前にも書きましたが)

      無視=自分という存在が無くなるに等しい

      だから
      「無視されるよりは、まだ虐待の方がましだ。だって、私がそこに居るから虐待する。
      居なかったら、虐待すらできはしないのだから。」
      と思ってしまうのかもしれません。
      つまり、
      虐待されることが、少なくとも自分が存在し、生きていることの証となっているからです。
      このように考えてみると、
      虐待されるのが分かっていながらも、結局戻ってしまう理由が少し理解できるような気がします。

      どうしてこれほどまでに、人は自分の存在が無くなることを恐れるのでしょうか?
      どうしてこれほどまでに、自分の存在を証したいと思うのでしょうか?
      これについては、後日考えてみたいと思います。

      ご意見、ご質問はシニフィアン研究所までご連絡ください。
      http://signifiant-lab.com/
      トラウマのサイトもあります。http://signifiant-lab.com/trauma/

      | 非行・家庭内暴力・DV | 14:23 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
      スポンサーサイト
      0
        | - | 14:23 | - | - | ↑PAGE TOP
        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://signifiant1.jugem.jp/trackback/297
        トラックバック