≪整心科学研究所(埼玉県上尾市)≫

自己治癒力により心身を整えていく。量子力学・宇宙物理学・脳科学の観点から精神を捉えた新しい科学に基づいた療法を研究、実践中です。
CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
PR
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 330)自己愛と自己嫌悪 | main | 332)4月度関西出張のお知らせ >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | ↑PAGE TOP
    331)うつ・引きこもりを助長しないために
    0
      シニフィアン研究所(埼玉県上尾市&和歌山県和歌山市)の迎意 愛(むかい あい)です。
      精神分析という対話療法で自己(無意識)を知り、必要に応じて書き換えていきます。
      そうすれば、不安は安心に変わり、生きる希望が湧いてくることでしょう。

      今日は、「うつ・引きこもりを助長しないために」について書きたいと思います

      春は、うつや引きこもりの人たちにとって辛い時期です。
      なぜなら、他者との差をより感じてしまう時期だからです。
      では、その差を感じないようにするにはどうすれば良いのでしょうか。
      うつや引きこもりを助長しないためには、何が必要でしょうか。
      ここでは、引きこもることの大切さを書きたいと思います。

      春は、卒業、入学、就職など変化の大きい季節です。
      また、芽吹きや開花など自然の成長が目に見えやすい時期でもあります。
      うつや引きこもりの人たちには、
      「言えない」「出せない」「動けない」があります。
      ですから、自己主張し、活動的で、どんどん変化、成長してゆく姿を目にすると
      自分との落差の大きさを感じてしまうのです。

      例えば、
      幸せそうに見える光景は、不幸な自分を感じてしまう。
      楽しそうな姿を目にすると、苦しい自分をより意識してしまう。
      嬉しそうな人を見ると、より辛い自分を見い出してしまう。
      活動的な人に接すると、動けない自分と比べてしまう。
      そして、自分を責めてしまうことになる。

      ある人が言いました。
      <幸せな人を見ると腹が立ってくる。
      いつしか、大声を上げてすべてをぶち壊してしまいたくなります。
      刃物を持ち出して、あたりかまわず振り回したい衝動に駆られるのです。
      そして、そんな自分が怖くなり、益々落ち込むのです。>

      この時期に一番大切なことは、幸せそうな人に会わないことです。
      つまり、その人が一番安心できる環境の中に引きこもっていること。
      周りの人も、持ち込まないことです。
      ですから、
      一番避けなければいけないのは『結婚式』への出席です。
      うつや引きこもりを助長しないためには、
      これらのことを周囲の人が理解し、引きこもることが必須です。
      まずは、これが助長しないための第一歩です。

      なぜ人は落ち込むのか、引きこもるのか、
      共に考えてみませんか。

      シニフィアン研究所では、これらの勉強会もしています。
      詳しくはお問い合わせください。
      シニフィアン研究所http://signifiant-lab.com/

      | うつ | 16:48 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
      スポンサーサイト
      0
        | - | 16:48 | - | - | ↑PAGE TOP
        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://signifiant1.jugem.jp/trackback/322
        トラックバック