≪整心科学研究所(埼玉県上尾市)≫

自己治癒力により心身を整えていく。量子力学・宇宙物理学・脳科学の観点から精神を捉えた新しい科学に基づいた療法を研究、実践中です。
CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
PR
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 339)「好き」を育てよう | main | 341)6月度関西出張のお知らせ >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | ↑PAGE TOP
    340)対話と伝達
    0
      シニフィアン研究所(埼玉県上尾市&和歌山県和歌山市)の迎意 愛(むかい あい)です。
      精神分析という対話療法で自己(無意識)を知り、必要に応じて書き換えていきます。
      そうすれば、不安は安心に変わり、生きる希望が湧いてくることでしょう。

      今日は、「対話と伝達」について書きます。
      月刊精神分析5月号が届きましたので、その紹介と共に、≪対話と伝達≫をテーマに考えてみたいと思います。

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      「探偵ナイトスクープ」
      2013年4月5日放送、探偵は竹山隆範。奈良県在住の18歳の少年からの依頼。依頼者は、物心付いた頃から両親の会話を聞いたことがなく、母親が話しかけても父親が無視してしまうのだと言う。子供に対しては普通に話しかけてくれるのに、なぜ母親とは口をきこうとしないのか、理由を解明してほしいという内容。依頼者の姉からも話を聞いた所、実に23年間会話をしていないことが判明。(月刊精神分析ー特集探偵ナイトスクープより引用 http://agency-inc.com/knight-scoop/

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      上記の月刊精神分析の記事を参照しながら、
      家族間での≪対話と伝達≫をテーマに考えてみましょう。

      辞書では、「対話」とは、向かい合って話し合うこと。
      「伝達」とは、命令・意思・情報などを口頭または書類で相手に伝えること。とあります。

      これら二つの違いをみてみます。
      一番の違いは『相手の現前を必要とするか、しないか』ではないでしょうか。
      もちろん対話は必須(あるいは前提)で、伝達は必ずしも必須ではありません。
      対話を中心に考えてみましょう。
      1.お互いに向かい合うこと。
      2.そのためには、傍(同じ空間)に居ることが前提。
      3.時間的に、精神的に、『ゆとり』が必須。
      これらのことが揃って初めて≪対話≫をする環境が整ったといえるのではないでしょうか。

      自分の家族間はどうだろうか?と問いかけてみてください。
      どのような光景が浮かんできますか。
      家族間で会話はあるよという方は、
      それは『対話』と『伝達』との観点からいうとどちらでしょうか。
      「対話(伝達)に近い」
      「伝達(対話)の方が多い」
      「どちらもない」etc

      この観点から特に注目したいのが、女性も社会参入しやすい環境を推進するために、
      「0歳児保育」や「待機児童ゼロ」を目指して社会が動きを活発化していることです。
      横浜市がわずか数年で、それを達成したとのニュースが先日発表されました。
      (日本経済新聞参照http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG2000Z_Q3A520C1CC0000/

      社会状況から考えると、様々な考えや意見があることでしょう。
      ただ、『対話』という観点からみた場合、
      これらの状況下で、
      どれだけ向かい合う時間が持てているでしょうか。
      どれだけ傍に居る時間があるでしょう。
      どれだけゆとりを持てるでしょうか。

      なぜ『対話』を中心に考えているのかというと、
      対話は家族間の絆を深め、強くすると考えるからです。
      このことについては、後の機会に譲りたいと思いますが、
      ただ言えることは、特に子どもの問題は家族の問題に通じているということです。
      また子どもに限らず、多くの方の悩みや問題を聴いていると、家族の姿が浮かんできます。
      そして、家族間の繋がり(絆)の希薄さや無さ、
      その一因としての『対話のなさ』を痛感しているからです。

      今回は「月刊精神分析」の記事に関連して≪対話と伝達≫について書いてみました。
      家族間の会話はありますか?
      それは対話ですか、伝達ですか?
      この機会に少し考えてみませんか?

      シニフィアン研究所のHPも参照ください。
      勉強会、教室、講座もしています。http://signifiant-lab.com/
      6月4日〜6日まで、関西へ出張します。
      詳しくはスケジュールを参照ください。http://signifiant-lab.com/#161

      | 家族 | 17:13 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
      スポンサーサイト
      0
        | - | 17:13 | - | - | ↑PAGE TOP
        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://signifiant1.jugem.jp/trackback/331
        トラックバック