≪整心科学研究所(埼玉県上尾市)≫

自己治癒力により心身を整えていく。量子力学・宇宙物理学・脳科学の観点から精神を捉えた新しい科学に基づいた療法を研究、実践中です。
CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
PR
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 359)認めたくない自分―抑圧 | main | 361)1月度関西出張のお知らせ >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | ↑PAGE TOP
    360)だましのテクニック―言語の威力
    0

      シニフィアン研究所(埼玉県上尾市&和歌山県和歌山市)の迎意 愛(むかい あい)です。
      精神分析という対話療法で自己(無意識)を知り、必要に応じて書き換えませんか。
      そうすれば、不安は安心に変わり、生きる希望が湧き、しあわせ入れ放題・つかみ放題だと実感することでしょう。

       今日は、「だましのテクニック―言語の威力」 ついて考えてみます。

      オレオレ詐欺、振り込め詐欺など、詐欺被害が横行している昨今です。
      どうして人はだまされるのでしょうか?
      それは言語の威力(言語に隷属しているから)だということを考えてみたいと思います。

      例えば、「有名ブランドの紙袋」の話です。
      ある女性に聞いた話です。
      毎日お弁当を、高級ブランドの紙袋に入れて通勤しているのだそうです。
      彼女曰く、「だって、中に高級ブランド商品が入っているように見えるでしょう。もしくは、そこでお買い物をしてる人だって思うかもしれないでしょう。」(ちなみに、それらの紙袋がネットオークションでも売買されているそうです)


      彼女は何を語っているのでしょうか。
      これは、紙袋に書いてある文字やロゴマークから連想するものと、実際の中身が違っています。
      そして、そのことで中身に関係なく、紙袋が高級ブランドの商品を連想させるというのです。
      もちろん、すべての人がそのように考えるとは限りません。
      が、少なくとも、その高級ブランドに関心のある人は何らかの思いを持つことでしょう。
      彼女は意図して持っていたようですが、意図しなかったとしても同じように思う人が少なからずいるでしょう。
      つまり、意図するしないに関わらず、紙袋の文字やロゴマークなどがその中身を指し示す機能を持っているということです。

      もう一例。
      スーパー銭湯が盛況だそうですが、その入り口には「のれん」が掛かっています。
      そして、のれんには「男湯」「女湯」と書かれているのを知っています。
      あるスーパー銭湯では、日時によって交代するのだそうです。
      その時、どうするのかというと、「のれんを交換する」のです。
      つまり、それまで「男湯」だった湯舟が、その瞬間に「女湯」に変わるのです。
      当然、私たちは「のれんの言語」に従って入って行きます。
      ここで、万が一間違っていたらどうなるかは、想像に難くないでしょう。

      これこそが、まさしく「だまされる」可能性が口を開けて待ち受けている場(穴)、時ではないでしょうか。

      私たちは、その中身が何であるかよりも、何と書いてあるか、何のロゴマークなのかでまず中身を想像し、判断する傾向にあるのです。
      つまり、言語に従って想像することになります。
      というよりも、想像させられているという方がいいかもしれません。
      そして、その自らの想像を吟味せずに信じるかどうかが、だましの穴に落ちるか落ちないかの瀬戸際です。

      詐欺師と呼ばれる人たちは、これらのことをよく理解していて利用するのです。
      そして、言葉巧みに人をだますのです。
      これらはすべて、私たちが日々言語に従って生きているからです。
      言語や記号は、それぞれある意味を想像させ、指し示す機能を持っています。
      だからこそ、我々は互いの意思疎通を図れるのです。
      また逆に、言語に振り回され、だまされ、喜怒哀楽にもてあそばれることにもなる。


      「言霊」「人を生かすも殺すも言葉一つ」「言葉が身に染みる」「言葉に感動した」「言葉が胸にぐさりと突き刺さる」「ペンの力」etc

      私たちは言語によって、生かされもすれば、殺されたりもする。
      このように言語は、人の生死に関わる威力をも持っているのです。

      だまされる可能性の穴はすべての人に開いています。
      それは人は言語に従って生きているからです。
      これらを、ジャック・ラカンは「人は言語に隷属している」と言いました。

      日常生活の中で、「言霊」とも言われる言語を、人を生かし、自分を生かすために使いたいですね。

      シニフィアン研究所のHPもどうぞhttp://signifiant-lab.com/

      | 家族 | 18:25 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
      スポンサーサイト
      0
        | - | 18:25 | - | - | ↑PAGE TOP
        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://signifiant1.jugem.jp/trackback/351
        トラックバック