≪整心科学研究所(埼玉県上尾市)≫

自己治癒力により心身を整えていく。量子力学・宇宙物理学・脳科学の観点から精神を捉えた新しい科学に基づいた療法を研究、実践中です。
CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
PR
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 423)反抗&11月度関西出張 | main | 425)自己規定と他者規定&関西出張のお知らせ >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | ↑PAGE TOP
    424) 鏡の中の私
    0

      シニフィアン研究所(埼玉県上尾市&和歌山県和歌山市)の楽歩愛真です。
      なぜ、どうしてとの疑問を持ち、納得のできる答えを知りたいと考えている人にとって、精神分析という対話療法は有効な方法です。

      今日は、「鏡の中の私」 について書きます。

      目は目そのものを見ることは不可能。だから人は鏡に映して見る。
      毎朝鏡を見て化粧したり、洋服を選んだりしている。
      それでも時々、鏡に映して確認している。
      街のショーウインドーに映った自分の姿を見る。
      鏡に映った自分の姿や顔を見て何をしているのでしょうか。
      どうやら自分のイメージ通りになっていることを確認し、安心しているようです。
      つまり、自分が想像している姿と鏡に映る姿が一致していることの確認をしている。
      それほど、人は自分の見え方を気にしているといえます。
      一日のうち、どれほど自分の姿を見ているでしょうか。
      どうしてそんなに見るのでしょう。

      人の目が気になる。
      人がどう思っているか気になる。
      何か言われるのではないかと思うと人の中に出ていけない。
      このように語る人たちがいます。

      なぜ人は、それほどまでに他者の目を気にするのでしょうか。

      こうのように考えていると、鏡の中の自分の姿とそれを見ている自分の関係は、自分と自分を見ている他者の関係に重なってきます。
      つまり、鏡=他者。人は他者の中に自分の姿を映していると考えられます。
      もっというと、人は他者を見ているのではなく、他者の中に映る自分自身を見ている。
      他者がどのように見ているか=自分の姿
      他者に良く見られたい=良い私
      他者に好かれたい=好かれる私 etc
      だから人は他者の目を気にする。

      こうして、私たちは他者という鏡の中の私を見て生きている、他者という自分の姿に翻弄されていると言えるのではないでしょうか。

      シニフィアン研究所  http://signifiant-lab.com/
      Twitter https://twitter.com/rakuhomanami 

      | 家族 | 15:40 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
      スポンサーサイト
      0
        | - | 15:40 | - | - | ↑PAGE TOP
        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://signifiant1.jugem.jp/trackback/416
        トラックバック