≪整心科学研究所(埼玉県上尾市)≫

自己治癒力により心身を整えていく。量子力学・宇宙物理学・脳科学の観点から精神を捉えた新しい科学に基づいた療法を研究、実践中です。
CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
PR
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 426)言語と私&関西出張のお知らせ | main | 428) 2月度関西出張のお知らせ >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | ↑PAGE TOP
    427) 環境を変えると自分が変わる
    0

      シニフィアン研究所(埼玉県上尾市&和歌山県和歌山市)の楽歩愛真です。
      なぜ、どうしてとの疑問を持ち、納得のできる答えを知りたいと考えている人にとって、精神分析という対話療法は有効な方法です。

      今日は、「環境を変えると自分が変わる」 について書きます。

      『孟母三遷』という言葉があります。
      これは、 「子供は周囲の影響を受けやすいので、子供の教育には環境を選ぶことが大切であるという教え。」と辞書にあります。
      子どもに限らず人は環境が変わると知らないうちに変わっていくようです。
      では、どうして環境が変わると人は変わるのでしょうか。
      ここでは、身体に受ける刺激が変わるという観点から考えてみたいと思います。 

      人は日々刻々と変わる刺激を身に受けて暮らしています。
      経験したことのない刺激に対しては意識するけれど、慣れた刺激に対しては意識しなくなるといわれます。
      つまり、慣れた刺激に対してはその都度意識しなくても身体が勝手に反応するようになっている。
      逆に、慣れない刺激に対してはその都度意識し、それに対する反応を模索するといえます。

      ここから身体に受ける刺激を変えるとそれに対する反応が変わる。
      反応が変わると結果的に行動が変わることになります。
      刺激を変えるには例えば環境を変えればいい。
      つまり、「環境を変えれば自分が変わる」ということになります。

      こうして環境を選択することで自分を意図的に変えることは可能だと考えます。
      他にも『朱に交われば赤くなる』『旅の恥はかき捨て』などがあります。
      これらからも、人は環境に左右されやすい、環境によっていかようにも変われるといえるのではないでしょうか。

      自分を変える方法は数多あると思います。
      ここでは、環境を変える=刺激が変わる=反応が変わる=行動が変わる=自分が変わるとの観点から書いてみました。

      twitterでは随時気づいたことを投稿しています。
      興味を持たれた方はアクセスしてみてください。https://twitter.com/rakuhomanami  

      | 家族 | 11:45 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
      スポンサーサイト
      0
        | - | 11:45 | - | - | ↑PAGE TOP
        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://signifiant1.jugem.jp/trackback/419
        トラックバック