≪整心科学研究所(埼玉県上尾市)≫

自己治癒力により心身を整えていく。量子力学・宇宙物理学・脳科学の観点から精神を捉えた新しい科学に基づいた療法を研究、実践中です。
CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
PR
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 登録すること 1+1=1 1-1=1 | main | 母が子どもを欲望しないと生きる意味を持てない >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | ↑PAGE TOP
    女には言語が通じない
    0
       
      男の話はすぐ終わる
      女の話はなぜ長いのか?
      長電話は、時には数時間から半日にも及ぶ
      話始めたら永遠に終わりそうにない
      話があちこちに飛んで収束しない
      男に言わせれば
      「しょうもない話ばかりしてる」
      「何をそんなに話すことがあるのか?」
      「結局、何を言いたいのか分からん」
      「くだらんことはよく覚えてる」
      「話始めたら、いつ終わるか分からん」
      「回りくどい言い方ばかりで、早く結論を言え!」
      などなど
      「女は分からん!」
      「理解不能!」
      「言い出したら人の言う事は聞かん」
      「うるさいから放っておけ」
      なぜだろう???
      女の話には一つの要(ファルス)がないのだ
      話の途中でも平気で全く違う話題へとシフトする
      「あ、そうそう・・・」
      「ところでね・・・」
      「それで思い出したけど・・・」
      などと、勝手に新しい話を展開してしまう
      まだ先ほどの話の結論がついてないのに
      終わらないまま、次の話が接木される
      これが
      永遠に終わらない、何を言いたいのか不鮮明になるパターンだ
      一度、このゲームがスタートすると止められない
      なぜ?
      それは
      ≪女は瞬間を生きられる生き物だから、言語がなくても生きていける≫
      と言えないだろうか?
      その典型の一つは「母になること」
      胎内に新しい生命が宿った瞬間から言語がなくても母になる
      胎内では意識する、しないに関わらずその成長は進行する
      そこには言語を必要としない生命の神秘が展開している世界
      あるいは
      言語では表現できない何かが展開している世界
      もっと言えば、言語外の世界
      その瞬間瞬間の世界を生きられる特定の時
      母になる女は言語にできない体感、実感の時を生きられる
      生命の神秘の世界を味わうことができる
      だから声高に叫べるのだ
      「言葉じゃない!」
      「男には分からん!」
      その前に、きっと男は無力だろう
      母になることは選択肢の一つ
      全ての女が母になる訳ではない
      しかし、それを含み持った存在であるがゆえに
      収束しない話も許容できるのかもしれない
      だから
      男からすると、女に言語は通じないと思うのだろう

      シニフィアン研究所のHPはこちら http://signifiant-lab.com/
      | 恋愛・結婚 | 10:29 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
      スポンサーサイト
      0
        | - | 10:29 | - | - | ↑PAGE TOP
        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://signifiant1.jugem.jp/trackback/84
        トラックバック